« 10-10-19 一粒のご飯粒も残しません。 | トップページ | 10-10-21 「足がしびれるのよ~。」 »

10-10-20 「頭が真っ白になって何も考えられないんだよ~。」

rain 心身共に限界でベットに横になったまま運送業者に指示を出していられました。P1050575  

今日のサポートは4件です。

早朝IJさん。朝YRさん。午後IMさん。夕方Aさんです。

◆ 今日はYRさんのサポート内容の記録です。

今日も昨日と同様朝早く伺ったのにもかかわらずもう既に運送業者がいらしていてせっせと荷物を運んでいました。

今日が最後で午後からは新しい老人ホームで新生活を始められます。R子さんの指示のもとで何人もの人たちが手早く荷物を運びだしていました。

R子さんは相当にお疲れのご様子でベットに横になったまま指示をしていられました。

ご主人様は私にそっと 「頭が真っ白になって何も考えられないんだよ~。」 と溜息をついてご自分の部屋に引っ込んでしまわれました。到底先頭に立って指揮を執るという事は出来そうもない状態でした。

P1050572 R子さんはベットに横になっていられましたが 「主人の事が一番気にかかるのよ~。」 直ぐに 「僕じゃ~役に立たないのかい。とか二つ頼んでも一つは忘れちゃうし・・・それを自覚しているのが又辛いのよ~。」 と溜息をついて「 環境が変わると認知症が進むと言われているしね~。」

「今はこんな状態だからとても主人の事をあまり構ってあげられないけれど・・・向こうで落ち着いたら時間がたっぷりあるから主人と向き合って見守るわ~。」

R子さん自身も心身くたくたなのにとその心痛を思いやって心が痛みました。お二人が新しい環境に早く馴れて落ち着かれる事を心から祈っています。

|

« 10-10-19 一粒のご飯粒も残しません。 | トップページ | 10-10-21 「足がしびれるのよ~。」 »

ヘルパーの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474517/37323364

この記事へのトラックバック一覧です: 10-10-20 「頭が真っ白になって何も考えられないんだよ~。」:

« 10-10-19 一粒のご飯粒も残しません。 | トップページ | 10-10-21 「足がしびれるのよ~。」 »