« 13-02-20(水)目は瞑ったままよく咀嚼なさってごっくんします。 | トップページ | 13-02-22(金)「棗の木に登って実を採って食べたよ。そんなに美味しいものでもないけどね!」 »

13-02-21(木)幼い頃の疎開先の体験が現在の人格形成の基本になっているようです。

sun朝は厳しい寒さでしたが日中は陽射しが出て風もなく暖かな一日でした。                 P1110410_r

今日のサポートは3件です。

 昼と午後IMさん。夕方INさんです。

 午前中のMMさんはまだ入院中でお休みです。

◆今日はINさんのサポート内容の記録です。

 チャイムを押しましたら待っていたように開けて下さいました。いつもヘルパーとして伺うのではなくお客様になったような錯覚におちいる歓迎ぶりです。

何度も 「私はヘルパーなんですから・・・」 と申し上げても 「いいから、いいからそこに座って先ずお茶をどうぞ。」 「Nちゃん 今日はご主人様とどちらかにお出かけなさいましたか~?」 「そうだね~。この近所を軽く歩いてきたね~。」 自信のない声でだんだん尻つぼみになりました。少し前の事はすぐにに忘れてしまいますかP1110413_rら・・・ 

ご主人様が助け舟をだして答えてくださったので 「そう!私は歩くのは平気なのよ~。だけどこの人がと足と腰を痛めてね・・・」。

「あれから腰と脚の具合は如何ですか~?」 「あくる日丁度雨だったから安静にしていたのが良かったのかも・・・だけど用心してあんまり遠出はしないようにしてこの近所の海岸だけ歩いているからはね 。だけど彼女はここしばらく 一寸欲求不満かもな~?」 にこにこして仰いってました。 

「そうなの。私はいくらでも歩けるのよ~。だけど今はこの人があんまり歩けないからつまらないわ~。」 「でも歩いている途中でも足をさすったり揉んでくれたりしてくれるんですよ~。」 「Nちゃんは本当に優しいからね~!」 

 毎回サポートのたびにNちゃんの必ず仰る口癖の言葉が『自然は美しい、併し人間の心はみにくい』 余程幼い頃のNちゃんの疎開先の体験が常に心に残ってトラウマになっているようです。そのNちゃんの体験が一生を通じて人に対する優しさを自然にあるいは努力して身に着けてその辛さをばねにして来られたことがNちゃんの人格形成の基本になっていることをなんて素晴らしいことだと伺うたびに実感します。P1110425_r

物忘れが顕著な現在のNちゃんでさへもその言葉を毎回吐露せずにはいられないことがいかに心の傷を深さを表しているかしみじみと思うのです。ですからその言葉を仰ることでNちゃんの心のガス抜きになるならば何度でも伺いますからね・・・。

 

|

« 13-02-20(水)目は瞑ったままよく咀嚼なさってごっくんします。 | トップページ | 13-02-22(金)「棗の木に登って実を採って食べたよ。そんなに美味しいものでもないけどね!」 »

ヘルパーの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474517/49562915

この記事へのトラックバック一覧です: 13-02-21(木)幼い頃の疎開先の体験が現在の人格形成の基本になっているようです。:

« 13-02-20(水)目は瞑ったままよく咀嚼なさってごっくんします。 | トップページ | 13-02-22(金)「棗の木に登って実を採って食べたよ。そんなに美味しいものでもないけどね!」 »